スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の望みをえ越えてゆけ

nozomihi.jpg


2011のTGSでしたっけ。その時の俺屍2(仮)PVには心躍らされたものです。

桝田氏のコメントや佐嶋さんの美しいラフ画。そこから垣間見える新キャラや懐かしの旧キャラ。
そして「一族」としてこのゲームの主人公としてお披露目された望ちゃん。

そのステータス画面は、よく言えば前作の正当進化、悪く言えば代わり映えのあまりないグラフィックとインターフェイス。
そのなかでも望ちゃんの姿が示す「システムの進化」の期待は大きかったのでは?と勝手に感じておりました。

「いかにも愛らしい猫の耳とヒゲをまとった少女の姿は神の姿の特徴を受け継いだものだ」

前作をプレイした人なら”赤猫お夏”を連想させるその姿にこのゲームの醍醐味のひとつと言える交神にさらなる楽しみが追加されたことになる。

あからさまなその姿に「プレイヤーに媚びすぎ」などの意見もあったそうですが。

今の現状を見ていると制作陣はプレイヤーに媚びることだけは絶対しない姿勢を貫かれているようで。杞憂でしたね。

以下愚痴です。




一応反転。


なんでこうなってしまったのか。

以前クリア後に書いた記事でも多少の不満は綴ったのですが、今はその頃の比ではないくらいのもやもやに心満たされております。

仮に俺屍2というゲームが、自分に肌に合わないというだけで、他の俺屍好き方が盛り上がってる姿を見たりするだけでも娯楽として成り立っていたと思います。

少し前までは実際そうでした。

不出来な部分に目を瞑りながら、それぞれの一族史を築く楽しさをリアルタイムで観測することはに2を手放してしまった自分にも癒しでした。
公式からのアップデートの告知もあって、「今楽しんでいる方もこれで報われるんだろうなあ」と我がことのように期待していて具合が良ければ買い直そうとすら思っていたのです、が。

データ消失、進行不能バグなどさらなる不具合の発生。
あらゆる方面からの阿鼻叫喚の数々。

タダでさえ遅いと言われたパッチ配布がこのザマ。
プレイヤーが率先して検証と情報の拡散の奔走する始末。

嫌がらせのためのアップデートかな?と勘違いしてしまうほどひどい有様だったように思います。

発売日から

特典の漫画冊子のコメントで前作ファンの思い出に泥を塗る後付け設定。
さらに穴だらけの本編シナリオとシステム。
時代遅れのグラフィック。
無神経な各関係者の発言の数々。
そのたもろもろ。

疲れましたね。

私は俺屍1でも気に入らない展開が起こると、それが受け入れられなければデータを消すことが当たり前でした。
データに残ってなくても記憶には残るのでそれが嫌だから。


もう今はその気持ちです。

このゲームを知らなければよかったとさえ思い始めています。


最近は絵を描いたりして気を晴らして、たのしんでいたつもりだったのですがあまり効果はなく。
描いて反応いただいたりそういった交流ができることは楽しいのですが。。。

よくわからない自己嫌悪に見舞われたりとなぜかあまり心象良くはならなかったです。



いつかあの楽しさが戻ってくるのだろうか・・・・・











関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 俺の屍を越えてゆけ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

・月別アーカイブ・
・カテゴリ・
・記事検索・
。。。。。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。