スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊乃の告別

※一族語りと妄想です。




伊乃の告別

ino2_20130227200022.jpg

呪いとは何なのか。
私はいつも考えていた。

「あなたの使命は朱点童子によってかけられた呪いを解くこと」

初めてそう告げられたときもすんなりと受け入れることができた。
自分はそのために生まれてきたのだと初めから知っていたかのように。

天界からきた私を父は黙って抱きしめた。

嬉しい。
この人に出会えたことが。
この人のために戦えることが。
この人と共に生きていけることが。

幸せだ。
生まれてこれて幸せだ。


私達の家は京に用意されていた。
家の周りには何も無い。

奪われたんだ。鬼や妖怪に。
私達だけじゃない、京の人達も生活、財産、そして命。

取り返したい。そう強く思った。

京に来てからは毎日武器を握って訓練に明け暮れた。
自分より大きな得物に振り回されながら。
手に肉刺が出来てそれが潰れても、爪が割れても、体が軋んでも全然苦じゃなかった。

討伐に行くようになってますます怪我が増えたけど、むしろそんな苦痛を受けないために強くなろうと思うようになった。

鬼や妖怪が一番欲しいものはやっぱり人間の命なのだろうか。
だとしたら、鬼を殺すことは喜びと言えた。

人の大事な何かを奪うものに対する当然の報いだ。

弟が生まれてからさらに頑張れた。

そしてとうとう自分にも娘ができた。

なんて愛おしいんだろう。
この子のためだったらなんだって出来る気がした。

私の人生は充実していた。
そう思えるほどに、呪われているという事実よりその使命に没頭していたのだ。

父上が死んだ。

病気でもなく、怪我でもなく、寿命で。

そのとき初めて呪いというものを「理解した」のかもしれない。

短命と種絶。

これがそうなんだ。

私もそうなんだ。

娘も弟も。これから朱点を討つまではずっとこれが受け継がれていくんだ。


悲しい。


当主を継いでから私がしっかりしなければ、という気持ちにかられながら今までと違う何かが私の中に満たされていった。

娘たちの成長する姿を見るたびに、喜びと共に違う何かが双倍していく。


そしてついに自分の番がやって来た。

想像していたほど痛みや苦しみは無かった。

父上のように最期に何か言いたくて、口を開いた。

「ごめん」

違う、こんなことを言いたいんじゃない。なのに。

「ごめん・・・・・・ごめんなさい」

それがやっとだった。

そのまま飲み込まれるように意識が遠のいた。

そのときようやく自分の中に満たされてきた何かに気がついた。


虚しさだ。


満たされたんだ。身も、心も。


虚しさで一杯に。















スポンサーサイト

テーマ : イラスト
ジャンル : ゲーム

【俺屍プレイ日記】 1021年11月〜12月

11月


oreshika_0090.jpeg

丹珠ちゃんの初陣。

しっかし美形ばっかりですな。

今回は大江山へ行きます。
丹珠ちゃんいるのであんまり無理はできませんが。

oreshika_0095_20130303210524.jpeg
oreshika_0093.jpeg
oreshika_0094_20130303210523.jpeg


絶度さんとかこの手の話を業を煮やしながら聞いてそう


oreshika_0101.jpeg
oreshika_0102_20130303211338.jpeg

通常攻撃でこの火力。パナいのう。


oreshika_0104.jpeg
oreshika_0105.jpeg

鼻様キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
この神様結構好きですw


oreshika_0107.jpeg

時登りうめえ


調子がいいので更に奥へ

oreshika_0110.jpeg

絶度「うおおおおおおおおおお」

oreshika_0111.jpeg

さすが絶度。娘の前でいいとこ見せようと頑張ってくれました。


oreshika_0109_20130303211849.jpeg

白雪様の娘だあって技力の伸びがすごい。



実りありまくりの討伐でしたね。


そして白夜とのお別れ。

oreshika_0112_20130303211851.jpeg

お気遣い系男子だったようです。
とにかく体の素質が良くて敵の大将をばさばさ切ってくれました。
その強さは息子にもちゃんと受け継がれています。どうか安心してお休みください。



12月


赤雁さんのせがれ来訪

oreshika_0224.jpeg

スクショの撮り忘れに気がついた頃にはもう当主でしたorz

名前は伸久(しんく)。のぶひさじゃないよ!

この色合いは稲波ちゃんを彷彿とさせますね。髪の毛を下ろしておかっぱにすればかなり似てるはず。
体の素質低いなー。火力を期待して火の神様を選んだのですがなかなかうまくいかないものです。

oreshika_0116.jpeg

丹珠ちゃんが初の円子取得者に!
お父さんとは違い、ヒーラーって感じですね。可愛い。


さてさて今月も大江山へ。
ついにあの朱点童子に挑みます!



























テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

初陣のこと。

※一族語りと妄想です。

丹珠ちゃんの初陣話

tanntan.jpg


見ているだけでいいと父上が言った。
私たちが守ると当主様が言った。

それでも緊張していた。

まだ目的地の大江山にだって着いていないのに呼吸が整わず、足取りが重い。

なんて不甲斐ないんだろう・・・・・・。

今すぐにでも逃げ出して仕舞いたい。
さっきからそんなことばかり考えていた。

「着いたぞ」

父が言って視線を上げた。

「あ・・・・・・」

なんて、なんて綺麗。

これから鬼切りなんてするのでなければいつまでも見ていたいくらいだ。

大丈夫だ、あんなに訓練したんだもの。

そう意気込んで足を踏み入れたとき、

「やあ」

心臓がはねた。

声のさきを見るとそこには赤い髪の少年がいた。

これが鬼なのかと思ったが、ほかの皆は武器を構えていない。知り合いだろうか。
でも普通の人間とは様子が違うようだった。

だって体の向こうから景色が透けて見えている。

そして少年は語りだした。

自分も鬼から呪いを受けていて死ねない体だということ。

同じ様に呪われていても私たちには家族がいるから羨ましいということ。

生き別れのお姉さんがいること。

もし呪いが解けたら探しに行きたいということ。


それだけ言うとどこかに姿を消してしまった。

私は父にさっきの少年の事を訪ねた。

「奴は神の使いで、俺たち一族に助言をするように言いつけられているらしい。さっきのように関係ない身の上話をされることもあるがな」

と、父が言った。

神様の使い。
私たちに助言してくれる。
そして、彼も呪われている。

「朱点童子を討てば、さっきの方も救われるのですか?」

私は父に聞いた。

「ああ、そうかもな」

そう言って父は足早に鬼の巣窟へと足を踏み入れた。

置いて行かれないように私も後に続いた。

はやく強くなるんだ。

一族のために。

そしてさっきの少年のために。

ひとりぼっちだと言っていた。

寂しいと言っていた、私と同じ髪の色のあの少年の為にも。

心臓の鼓動が高鳴っているのを感じる。

緊張とはまた違う、何故だか心地よい何かに体が支配されていた。




私がその感情の名前を知るのはまだまだ先の話だ。










テーマ : イラスト
ジャンル : ゲーム

【俺屍プレイ日記】 1021年12月 大江山の朱点打倒


12月

ついに因縁を断ち切る時がやってまいりました。

討伐隊は赤雁、絶度、優勢、雪雁。
伸久の世話は丹珠に任せました。

oreshika_0120_20130306232918.jpeg
oreshika_0121_20130306232919.jpeg
oreshika_0122_20130306232920.jpeg

おうよ、ついでにお前ももとの姿に戻してやんよ。


oreshika_0124.jpeg

適当に雑魚狩りして頂上へ


oreshika_0127.jpeg
oreshika_0128.jpeg
oreshika_0129_20130307203548.jpeg
oreshika_0130.jpeg

こっちだっててめえの勝手な都合で呪われてんじゃい!


oreshika_0131_20130307203933.jpeg

まず絶度に武人×3防人×1

oreshika_0132_20130307203934.jpeg

おろろろろろろr

んで奥義ぶっぱ

oreshika_0134_20130307204420.jpeg

さっきの臭い息の攻撃で若干火力落ちましたが、はやり強い。


oreshika_0135_20130307203935.jpeg

そして指輪でフィニッシュ!

やったか!?

oreshika_0138.jpeg


たくさんの神が開放されていきます

oreshika_0137_20130307204421.jpeg

赤雁・雪雁(ち、父上!?)


oreshika_0140.jpeg

なんだと・・・・・・!?



突如朱点童子の中から黄川人が出てきてなにやら演説を始めました。全裸で。

一族「ポカーン」




oreshika_0141_20130307204422.jpeg

そして誰もいなくなった。


oreshika_0142_20130307204421.jpeg

もうさっきのことで抜かす腰が無くなったんですが。


何か天界では飲み会で盛り上がってるそうです。おめでてーな


oreshika_0144_20130307210457.jpeg

BBAの裸踊りとか

oreshika_0146_20130307211119.jpeg
oreshika_0147.jpeg

無闇に☆とか使う人見るとjunを思い出す



そんなわけで秋津家の戦いはまだまだこれからだぜ!!






















テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

一族絵と拍手お返事



tannju.jpg

丹珠はこの世に舞い降りた天使 by絶度

z - コピー

髪下ろし絶度さん

sizusizu.jpg

静さん


いつのまにやら長髪イケメンの家系な弓使いでした






拍手お返事です

>ささはら さん
いつも見ていただいてありがとうございます!伊乃ちゃんの遺言には心が打ちのめされすぎて妄想がはかどりました!


拍手などとても励みになっております!
これからも秋津家の戦いを見守っていただけると嬉しいです。
拙いブログですが何卒宜しくお願いします。







テーマ : イラスト
ジャンル : ゲーム

・月別アーカイブ・
・カテゴリ・
・記事検索・
。。。。。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。